やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

いろいろなことがある

6月22日(土)。GRAPEVINEのライブのために、鳩くんと宇都宮へ。

昨日は梅田のカプセルホテルを予約して、ちみをさんと鳩くんと3人で同じ場所に泊まった。おもしろい体験だったな。今日の告別式には出るべきか迷ったけど、もともとの予定を優先させることにした。

大阪から宇都宮まで、乗換案内的には660kmくらいあるらしい。がんばったな。東京までは新幹線で、そこから上野東京ラインに乗り換えて、鳩くんの実家に寄って、車で宇都宮へ向かう。大阪へ向かうときは一人でよかったと思ったが、帰るときはだれかがいてよかったと思っている。どっちでもいいのかも知れない。それはそうだろうな。

宇都宮のスパにチェックイン。荷物を置いてライブハウスへ向かう。30分くらい歩いた。スパはJR寄りにあるのだが、ライブハウスは東武線の宇都宮駅の近く。東武の駅周辺のほうがにぎやか。この街の発展について思いを馳せてみるが、なにも浮かばなかった。材料が足りなすぎる。

整理番号がかなり後ろだったのでほとんど最後の入場だったのだが、スタッフの話していたことから推測するに今日はたぶん320人くらい。

f:id:osicoman:20190622202336j:plain

福岡とそれほどセットリストは変わらず、だからこそ気付くこともある。例えば、最近はよく「好きな人を想うもよし、嫌いなやつを呪うもよし、酒を飲んでも歌ってもいいし、好きに楽しんで。でも、いい演奏をしたら拍手したり盛り上がったりしてください」というようなことを言うんだけど、そのMCの後に演奏されるのが10年以上前にリリースされた曲で、音源とは全然ちがうアレンジで、めちゃくちゃかっこよくて、福岡でも観たんだけど何回観てもたぶん同じ感想になって、そういうとこも、何も言わないけど実はめっちゃ計算されているんだろうなと思って、忠誠度がマックスまで伸びたよね。急にゲームっぽい例えをしました。

ちなみにこのMCの前はよく「意識を遠くへ飛ばして、いろんな情景を思い浮かべて聴いてください」などと言っていた。なんか、そのときの気分があるんだろうな。

タイミング的にどうしたって感傷的になってしまうが、それを差し引いても、あるいは加味しても、どっちなのかわかんないけど、よいライブだった。

終演後、また歩いてスパへ戻る。途中、路上で吐いてる若者グループがふた組くらいあって、そういう街かと誤解しそうになった。

f:id:osicoman:20190622210525j:plain

風呂で軽く汗を流し、焼肉で〆。思ってた何倍もよい肉でニッコリ。

f:id:osicoman:20190622224045j:plain

いろいろなことがある。まだ整理はつかない。