やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

エレンが巨人になれる

5月13日(月)。合併号あけのジャンプはそれだけでおもしろさが増すね。

うひゃーって感じになってた事柄もきれいにたためてセーフ!安らかな心持ちでラーメンを食べる。この瞬間のために生きていた。

f:id:osicoman:20190513124651j:plain

理由を説明できないし、共感を得られるとも思っていないのだけれど、ラーメン屋やチェーンの定食屋などで雑な(という言い方は誤解を招きそうではあるけど)食事を待つとき、5ちゃんねるのまとめブログを読むのが妙にしっくりくる。なんで? 言語化できない、しかし確かに自分にとって快であることを大切にしたい、と思っていて、極力尊重したい気持ちはあるんだけど、こんなこと…?という気はしている。まあ、それもまたよし。

Netflixで『進撃の巨人』を観始めた。ぼくはコミックスを3巻くらいまでしか読んだことがなく、アニメもほとんど観ていない。3巻だと確かリヴァイ兵長もまだ出てきていなくて、数年前、彼がめっちゃ人気だったときにはまったく乗れなかった。エレンが巨人になれるとか、アルミンがシカマルみたいなキャラ(異論は認めます、まあ大雑把に「頭脳派」くらいのくくりです)とか、仲間の中に敵がいるとか、断片的な情報は入ってきていたんだけど、凄惨な描写が割と苦手で敬遠していた。最新のシーズン4では主人公たちもそれなりに巨人たちに対抗できているので、昔より安心して観られる。

と思っていたんだけど、なんだかヤバそうな気配が漂ってきたなあ…。