昼間の賑やかさの後遺症

いま読むべき唯一のブログ

人間の悲しいところンゴ

4 月 23 日(火)。晴れ。夜には曇る。土曜からずっと月が見えない。

引き続き家にひとり。めっちゃ快適。

これは習慣化できていない人間の悲しいところだなって思うんだけど、今日は全然料理をする気にはなれず、そう言えば…と思って松屋に「ごろごろ煮込みチキンカレー」を食べに行く。こんな味だったっけ。別においしくないわけではないというか、おいしいんだけど。最初はあんなにありがたがっていたのに(というのももはや記憶は曖昧で確信は持てないけれど)、慣れというものの恐ろしさよ。これもまた、人間の悲しいところンゴねえ…。

先週末に買ったオカヤイヅミ『ものする人』を読む。1 巻の巻末に掲載された滝口悠生との対談の「お金貯めとかなきゃとか、終身雇用の会社に入らなきゃとか、なにがいいのか全然わからなくて。」という発言があって、こういうの自体はそれほど珍しいものではないけれど、いよいよ現実が追いついてきてしまったように感じる。10 年前ならいざ知らず、今こういうのを「いやいやそんなわけないでしょw」と言える人は相当ラッキーな境遇なんだと思う。知らんけど。悲しい話ではありますが…。

1 泊程度では束の間の一人暮らしを謳歌した感もそんななく、母親が 22 時頃に帰宅。この人が死んだら、誰がこの家の世話をするんだろうな、とふと思った。数年ぶりに。

ものするひと 1 (ビームコミックス)

ものするひと 1 (ビームコミックス)

ものするひと 2 (ビームコミックス)

ものするひと 2 (ビームコミックス)