やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

ディグってゆけ

1月24日(木)。晴れ。

ずっと体調が悪かった。カメラを持ち出す余裕もなし。今日も悲しい。

文体をアップデートしたい。今は数年前に読んだ唐木元さんの本が基準になっている。感想も書いた(恥ずかしい)。

osicoman.hatenablog.com

この本が目指しているのはたぶん「冗長さを排除する」ことで、その路線でできることはある程度やりきった感がある。あるいは単に飽きた。

f:id:osicoman:20190124220318j:plain
葦原大介ワールドトリガー』第13巻 p.19より

一定のレベルに達しているのかはわかんない。ダサいやつは全員ぶん殴るみたいな気持ちは少しある(急に攻撃的)。

今は「豊かさ」のようなものに憧れがある。それはきっと人に教えてもらって得られるものではなくて、探求の余地が無限にあることがうれしい。そして文章のみで完結している必要もなくて、となると、えっと、例えば、歌うとか…? 以前ラブサマちゃんが「曲をつくるしかないのでは」って言ってくれたの、実はかなりうれしかったんだよね。人に言われてうれしかったことノートをつくろうかな。