やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

インティペンデントなやっていき

8月27日(火)。

引き続き、osicomagazine vol.2の作業が終わってのんびりしている(し、相変わらずここぞとばかりにURLを貼っている)。止まってしまっていたこのブログの更新をがんばるターン。

10日のやっていきイベントの感想がいつもより少し多くたくさんの人に読まれたみたいでうれしい。

osicoman.hatenablog.com

自分のブログ記事を貼るの、狭い世界でぐるぐるやってる感がハンパなくダサい気もするが…。

このエントリーを受けて、だとぼくは勝手に思っているんだけど、imdkmさんがなめらかに告知してくれて感激。

ぜんぶすごくて、天才か!? という感じなんですが、「マーケットにのっからないから特に知られることもないが謎に持続していてふとした機会にめちゃ重要性を帯びてくる営みたち」っていうのが特に刺さって、なるほど……とめちゃくちゃ感心してしまった。ぼくのことをよく喋る人間と認識している方もいらっしゃると思うのですが(急にていねいな口調になってしまった)、一方で自分のことはあまりよくわからないというか、学がないのでうまく言葉にできないという自覚もあり、こういう指摘は本当にありがたいですね…。こういう言葉を受けて、自分なりにまた考えて、それをアウトプットしていくことができたなら、それはなんて幸せなサイクルなのでしょう。そうでありたいね。改めて、imdkm さんありがとうございました。

とか言いつつ、しかしアレだ、ちょっと気が大きくなってる感もあるので、ピリッとしていきたい。ほら、BOSSだって「ひょっとして何か成し遂げたつもりでいるんじゃねえだろうな」と言ってますし。インティペンデントなやっていきを考えるとき、THA BLUE HERBがいちばん信用できる、やっぱり。わかりやすいし。ぜんぶ自分たちだけでやる。