やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

本日の「ホホホ…」案件

7月6日(土)。

気合いでこのブログを更新しまくった。「1日1エントリー、365日やりきる」というルールを己に課して半年。幾度かの飽きを乗り越え自分なりの手応えを得たタイミングで、いろんなことがありすぎて書きたいのに書けないという今までにない状況に戸惑った6月。更新を止めたところで誰にも怒られる筋合いはないし、何も悪くはない。でもちょっとかっこ悪く見えちゃうからね、ちゃんと取り戻せてよかった。

ゆずこちゃんから飲みに行きましょうと昨日DMをもらって、都合のよい日を相談して、今日になった。たぶん、やきとんオフでいっしょの空間にいたことはあったと思うんだけど、そこではウェ〜イ🍻みたいなコミュニケーションしか取っていないので、ふたりで会うのは初めてだ。

最近は人と会って話すのが本当に楽しい。相手と自分の接点が少なければ少ないほどいいように思う。ゼロは厳しいかも知れない。どうだろう。人と会って話をするのは読書と似ている。どちらにも良さはあるのだけれど、個人的には、専門的であるよりは、雑誌を読むときのような体験であるとなお楽しい…とタイプしたあたりで、それは今取り組んでいることともつながっていることに気付いた。すごい。

高くない店を転々とするスタイル。3軒目あたりで、「私はおしこさんの話が聞きたいんですよ!」と言われる。そう言えば、あまり自分からは自分のことを話さないな、ぼくは、というのを思い出した。本日の「ホホホ…」案件。

そこには改善の余地があるかも知れない。改善ってなんだろう。