かざした右手で時を止めろ

いま読むべき唯一のブログ

絶妙な長さを維持

5月8日(水)。晴れ、めっちゃいい天気!(天気について書いてしまった…。)

早起きに成功したので、近所のドトールに行き、東浩紀『ゆるく考える』を読了。めちゃいい本。

自分の中でなぜか気恥ずかしくなってしまって使えない言葉というものがいくつかあって、例えば「読了」はそのひとつ。ちょっとかっこつけないと言えない。なんでかというと、たぶん生活に紐づけられていないから。自分の。他には、新しい衣類などを使うという意味での「おろす」もなんだか言えない。まわりの人がこれらの言葉を使っているのを見たことが全然ないんですよ。この問題(問題?)、自分の中では以前から気になっていて、掘り下げたいテーマである。よろ。

鼻毛を処理したら明らかに喉の調子が悪くなって厳しい。よく風邪をひくイメージがあるとたまに言われるんだけど、振り返るとここ1年くらい、風邪の契機になっているのはまじで鼻毛処理という気がする。外側に出てこない絶妙な長さを維持しなければならない。風邪をよく引くっていうか、喉が弱いんだよな。気をつけよっと。