やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

天候の側からしてみれば

5月4日(土)。昨日の疲れが残りまくっている。家でのんびりしていようと思ったが、さあやさんの展示が今日までなので、リアルに重い腰をあげていざ築地。

「切り絵」と聞いてぼくの貧困なイメージで思い出すのはめちゃくちゃ細かい切り抜きとかで超絶技巧なのはたしかにすごいんだけどでも別に「絵」としてはあんまり好みではないなあ…と感じてしまうようなもので、しかし彼女の作品はそういうものとは対極に位置するやさしいタッチ、むずかしいことをしているようには見えないんだけど、しかし自分がまねをして作ってもこのあたたかさは出せないんだろうなあ、としみじみしてしまう(0.4秒)。めちゃくちゃかわいいな〜と思っていた作品を購入できて思わずにっこり。

f:id:osicoman:20190504145359j:plain

f:id:osicoman:20190504145355j:plain

会場となっているお茶屋さんで新茶の試飲会があって、展示を楽しんだ後に参加してみる。名前を忘れちゃったんだけど、すごく豊かな味のお茶があって、「これでお茶漬けをつくったらおいしいだろうな〜」と思ったが、念のため口に出すのはやめておく。ごちそうさまでした。

試飲を終え、築地から東京駅まで歩く。外に出た途端に雲行きが怪しくなった。雷の音もしているし、雨に降られまくるか心配だったけど意外と持ちこたえてくれた。天候の側からしてみれば「持ちこたえてくれた」なんてことはまったくなくて、なに言ってんのコイツって感じだと思う。東京駅に行くとラーメンストリートに吸い込まれがち。しかし今のラインナップは個人的にあまり惹かれない。あと六厘舎だけ未だに行列がヤバくてすごい。たしかにおいしいとは思うけど。

www.tokyoeki-1bangai.co.jp

19時すぎに帰宅。夕飯を済ませ、前から約束していた@shimotsuくんとSkypeで話す。途中、オンラインだった明日さんを呼び出す。1年後のゴールデンウィーク、また通話しましょうということでカレンダーに登録。売れてるミュージシャンが人気のハコをおさえるような気持ち。知らんけど。

これはこのブログに無数にある「知らんけど」の中でもかなり上位にくる「知らんけど」だな。