やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

日記が 100 日続いてえらい

4月10日(水)。雨。雪が降る地域もあったとか。一体いつになったら着る毛布を片付けられるんだ!

月曜に気持ち悪くなってしまったので昨日は控えていたコーヒー、今日はおいしく飲めてありがたい。コーヒーはけっこう好きなんだけど、どのくらいの感じで付き合っていけばいいのかまだ距離を掴みきれていない感がある。少し意識してみようかな。

1月は 31 日、2月は 28 日、3月も 31 日まで。で、今日は4月 10 日。ぜんぶ足すとちょうど 100 日。100/365 かよ、という事実に驚きもあるけれど、それはさておき、日記が 100 日続いてえらい。ほめて。

最近、日記を更新し続けることの意味が自分なりにつかめてきた。自覚があって始めたのではないけれど、たぶん、個人として感じたことを突き詰めることで普遍性を獲得する、みたいなことを目指しているのだと思う。

考えてみると、好きになる表現・創作物はそういうものが多くて、自分が好感を持ったり、逆に嫌悪したりするものについてもだいたいそれで説明がつく。ひとりで立っている人をかっこいいと思うし、うわべだけの仲間意識は気持ち悪い。

べつにとってつけたようなことではなく、特にここ最近の日記にはちょいちょいそんなようなことを書いていて、自分で自分に感心しちゃう。少しずつ考えを深めて、なにかに影響を受けては必要に応じて軌道を修正して、それをまた文章にする。具体的に得たものはないんだけど、かなりいい感じである。「あの感じ」を目指してゆけ!

こういう風に総括しちゃうとその時点で満足しがちなんだけど、これはもうちょっと続けるぞ。