やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

ちょろい男

4月1日(月)。晴れ、曇り、最終的には雨。

さすがに気が早い自覚はあるけれど、4月ともなると「今年ももう終わりかあ…」がアップし始めるような気がする。気のせいであってほしいが…。

よしむらひらく、約2年ぶりの音楽活動再開というニュースとともに届いたシングル『君が踊り続けられるように』。いちばん最初は地味だな〜という平凡かつ失礼な印象だったのだけれど、繰り返し聴いているとふしぎと心地よくなってくるし、再開を告げる曲としてこれ以上にふさわしいものはないだろ、という印象に。そう、ぼくはちょろい男。

淡々とした歌とリズムが、音楽に対して揺るがないことの決意表明のように感じられて、すごくいい。

このエントリーもぜひ。あわせて読みたい(ぼくが)。

note.mu

夕方、近スー(近所のスーパー)に気分転換がてら買物に。家の近くを流れる、かつて水質の悪さでその名を轟かせた川沿いには桜が植えられている。ちょうどきれいに咲いている時期だから視線が上にいきがちなんだけど、なんとなく見た足元だって負けてなかった。これまでは全然気に留めていなかったけれど、去年も一昨年もその前も、きっと咲いていたんだろうと考えると、自分がちょっとダサい人間に思えてくる。よいタイミングということにして、これからは積極的に植物の名前を覚えたいな。

f:id:osicoman:20190401164752j:plain

新しい元号については特になし。