かざした右手で時を止めろ

いま読むべき唯一のブログ

大人の最悪なところ

3月11日(月)。晴れ。震災から8年。

昨日の朝にNHKのラジオでやっていた震災特集番組が印象に残っている。

語り部として震災の様子を伝える活動を始めた、当時、小学生くらいの年齢だった人たちへのインタビュー。何人かのうちのひとりが「大人に支援物資の配布を任せると大人たちは喧嘩し出すから、子どもに任せたほうがいい」と言っていて、子どもっていうだけで変に持ち上げたり、逆に過剰に貶めたりしたくはないんだけど、ものすごく的確に大人の最悪なところを言い当てられた気がして、めちゃくちゃ申し訳ない気持ちになった。


よしむらひらく「tokyo2012」PV

「あの日死ななかった俺らは望みを託されてしまった でも気が散って」という歌詞、昔は(自分は)だれになにを託されたんだろう…とか思っていたけど。