昼間の賑やかさの後遺症

いま読むべき唯一のブログ

これは悪い

3月5日(火)。晴れ。いい感じ。

天気のことばかり書いている自覚がある。晴れだと気分がいいとか、あったかいとテンションが上がるとか、低気圧で滅入るとか、そういうのにいちいち気分を左右されることを、いかがなものかと思うこともある。大事なことなのに、そのパラメーターの変化を他者に委ねていいのだろうか。文明は、科学はそれらを超えるために発展してきたんじゃないのか。知らんけど。あらゆるものは知らんけど性を内包していますか? トロニーくんが「おれは知らんけどって言いたくない」と主張していたのを思い出した。

夜、近マク(近所のマクドナルド)へ。限定メニューを積極的に頼んでいきたいという強迫観念はどこからきているのだろう、チキンタツタを注文したけど、やっぱりそんなに好きではなかった。嫌いでもないからタチが悪い。

いまさらにもほどがある、という言葉では足りないくらいなんだけど、年賀状の返事を書く。とっくに寒中見舞いのタイミングも過ぎていて笑ってしまう。「あけましておめでとう」でも「寒中見舞い申し上げます」でもないとなると、どうしたもんかな…と思って「Hello!」にした。悪くない。

Macも持って行ったからWi-Fiにつながる2階にいたのだけど、清掃が始まるので移動をお願いします、とのことでそのタイミングで退店。用事を思い出しコンビニに向かい、あろうことかそのあとラーメン屋に吸い込まれてしまう。さっきチキンタツタセット食べたばっかりじゃん! とはもちろん思ったけど…。そういう日もある。が、これは悪い。