やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

楽園のような環境だった

2月27日(水)。曇り。

あたたかい日が続いていたので、すっかり油断していた。今日は寒いじゃないか。1ヶ月前と比べたら全然寒くはないのだけれど、気温について数字だけを見て遠くにある日と比較するのは無意味なのだ。連続する毎日の中、直近の何日かだけが比較対象として成立するので、2度でも10度でも18度でも寒いときは寒い。

あろうことか、今朝、もう必要ないだろと着る毛布と手袋を洗濯してしまった。悲しい。今日はミルキーも堅い。このままでは寒さへの呪詛を連ねるだけで終わってしまう。

それはよくないね。ライブの予約をした。楽しみ! メールを送ったらなんの誇張もなく1分くらいで返信が来て笑ってしまった。すごい。

疲れがたまっていたのか、少し横になって休もう、のまま爆睡。安定の流れ。やるべきことは山積しているのだが…。しかし、それより何より、ポケモンダイレクトをリアルタイムで見たかった。

ソード/シールドかあ。主人公は「最強」を目指すとのこと。舞台はイギリスがモチーフらしい。サン/ムーンのハッピーな雰囲気とは全然ちがうものになりそう。アローラ地方が人にとってもポケモンにとっても楽園のような環境だったのと比べると、重厚さを感じる。25周年記念に端を発する初代150種類推しのもろもろを経て再びプレイするような大人に(も)向けられたシナリオだったらうれしい。ブラック/ホワイトとかX/Yとかのイメージ。

とにかく、また死ねない理由ができてしまったな。やったね。


Pokémon Direct 2019.2.27