やさしい力はどこにある

心が折れそうになると思い出すこと

雑に缶ビール

2月8日(金)。晴れ。

今週はかなりしんどかったので、明日からの3連休がめちゃくちゃありがたい。楽しみにしていた予定があり、雪なんかに中止にされてたまるかという強い気持ちでてるてる坊主を吊るす。心に。「心に」とか言ってしまえばやりたい放題。

Mojaveにしてからかなり調子のよくない我がMacbook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)をどうにかしたくて100年ぶりにセーフブートを試みてから一日。いちばんどうにかしたかったこと、アプリケーションの起動にめちゃくちゃ時間がかかる問題についてはあんまり状況が変わっていないんだけど、iCloudでの写真同期がきちんと動くようになったのがかなり嬉しい。「アップデート中…」の表示のまま何にもならなくて「やっぱアップルはハードウェア企業であってサービスは弱いよね…」などとシュンとしていた日々よ、さらば。

今日も走るぞという気持ちがあったんだけど、ウェアが乾いてなかったので断念。近ディス(近所のディスカウントストア)で雑に缶ビールなどを買う。アマゾンプライムビデオで『約束のネバーランド』を観る。おれが(知っている)原作もののアニメを観がちなのは、ある程度のおもしろさが保証されているであろう安心感と、だいたいの話を覚えているからそこまで真剣に向き合わなくてよい、という理由によるところが大きい。気付き。ハズレを引きたくない気持ち vs 食べログ的精神性の話か。どうだ。いや、元気かどうかの方がデカい気もする。

ひさびさにビールを飲んでばっちり酔っ払ってしまった。そういう状態での深夜のツイートこそが最も美しく尊いよね。