やさしい力はどこにある

いま読むべき唯一のブログ

2015-09-24から1日間の記事一覧

村上春樹『職業としての小説家』を読んだ

僕自身は熱心な村上春樹の読者というわけではなく、読んだことのあるのは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』と『海辺のカフカ』と『ダンス・ダンス・ダンス』くらいだし、それらが特に大好きなわけでもなく、だから別に人生に多大な影響を与えた…