ここに雨を降らしてよ

いま読むべき唯一のブログ

最近の感じ

梅雨が明けたらしい。7月に入ってからというものの、私の住む埼玉ではほとんどまとまった雨は降らなかった。だから体感的にはもうとっくに梅雨なんて明けてたでしょって感じなのだが、きっと梅雨明け宣言ひとつとっても細かな決まりごとがたくさんあるんだろう。どこかのお偉いさんの発表よりも己の実感をこそ信じたほうがいいんだろうけど、なかなかそうはいかないのが人間ってもんではあるまいか。

今夜はなんだか急に眠れなくなった。何に起因してるのかって考えると「将来に対する漠然とした不安」とかいう今時犬も食わないような陳腐なことで、漠然としてるので根本的な解決方法もない。だれかにこういうことについて相談されたら「とりあえず寝て起きて、それでも不安だったら考えろ」とか言いがちなんだけど、前述の通り眠れないわけで、セブンイレブンで氷結ストロングを買ってきた。なんでこんなに、というくらいてきめんに酔っ払って、絶対身体に悪いだろうな〜と思いつつ、俺が今まさに求めていたのはコレなんだよ!!!!という気持ちもあって、無事昇天。

いてもたってもいられなくなり、夜中コンビニに駆け込む、というのをこれまでに何度繰り返しただろうか。今日、ふとこれはリストカットと同じかもな、と思って、視界が一気に開けたような気になった。私は手首を切ったことはないから、両方の経験がある人からしたら「ちがうよ、全然ちがうよ」ということになるかも知れないけど。投げやりな “イマ” の気持ちの持っていき方、という点で同じカテゴリーに入るだろう。

氷結ストロングを飲みながらツイッターを眺める。『ワールドトリガー』というマンガで、主人公(のひとり)が母親に「自分が何をすべきかわかった、って顔してた」みたいなことを言われるシーンがある。去年の年末あたり、それのスクリーンショットを貼って「俺もやっとわかったよ」的なことをツイートしたんだけど、それがなんだったか思い出せない。たぶんアレだろうな〜という内容は思い浮かぶんだけど、確信がもてない。そんな大事そうなこと、あとあと確信がもてなくなる程度のテンションでツイートしていたのか、とちょっと落ち込んだ。

ツイートは呪いだと思う。休みの日の朝に「今日は○○をやるぞ」と言ったにもかかわらず実行しなかったら、存在する必要のなかった罪悪感が発生してしまう。そういうのはいらないんだよ、ということに気付かされまくった僕たちは、いつのまにか無難なことやなんの発展性もないおもしろツイートしかできなくなってしまったのではないか。決意なんかは消えちゃうのに、枷になりそうなことばっかわすれないのが呪いっぽいんだ。でもそれは単に性格の問題かもなあ、だとしたら損だなあ、などと考えていたら氷結ストロングがもう1本ほしい気持ちになってきた。

次からは2本買おう。