読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここに雨を降らしてよ

いま読むべき唯一のブログ

10月23日(日)

朝、西川口に降り立つ。どうしてもほしくなって、絶対に早々に完売することはないだろうなと思いながらバスに乗ってSKIPシティへ行き、「あそぶ!ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」のカタログを購入。展示自体は2月に終わっていて、今は「ステージ2」をやっている。「ステージ2」のカタログは現在制作中らしい。この後に予定があったので展示はスルーし、たまたまやっていたヒーローショーみたいな催しの人ごみをかき分け脱出。急いで次の目的地、成増へ。

友人の飯沢さん永田くんと合流し、2014年の閉店から早2年、高田馬場から移転しきた中華そばの名店「べんてん」へ。着いた時点で20人強並んでいたが、3人もいればそれほど苦にはならない。12時50分くらいに並び始めて、入店までは1時間ほど。並んでる間、ここには書けないような話をたくさん聞く。

f:id:osicoman:20161023140836j:plain

2年ぶりに食べた中華そば。はあ…好き……。

べんてん、店内がすごく静かだった。ほとんどが一人客だったからというのもあるとは思うけど。小学生くらいの男の子も大人しくしていたのが印象的。空気を読んだのか。店内にはラジオや有線などの BGM もない。ふたりいたスタッフはどこかのウェブの情報によると親子だそうで、そのおかげかほとんど会話がなく、また手際がすこぶるよいので変に食器がぶつかる音なども聞こえない。時折ドンブリを洗う音が聞こえる程度。皆が静かにラーメンを待つ様子を飯沢さんが「修道院みたい」と言っていた。

ただ、店側がこのような雰囲気を強制しているわけではないと思う。お店の方には全然ピリピリした雰囲気はなく、誠実な仕事をしているな、という印象しかない。また行くぞ。

そのあとは池袋に移動し、ファミレスでゲーム(電子でない)で遊んだりポケモンセンターを冷やかしたり公園で缶ビールを煽ったりして解散。昼間は暑かったのに、夜の公園は冷える。Apple Watch には日の出/日の入り時刻を常に表示しておけるんだけど、それによるともう日の入り時間は16時台だ。もうちょっと秋でいてほしい、というような個人的な願いが届くことはなく、季節は淡々と巡る。つってね。